2009年09月06日

同点で迎えた9回表2アウト満塁のピンチで代打中村真の打球を糸井が目測を誤りサヨナラ負け

糸井君は最後打球に追い付いたんだけどなぁ・・・西日が目に入った?


日ハム3-4x楽天


中盤までに二度リードして二度追い付かれ、終盤はお互い踏ん張り合戦を展開したけど最後は地の利を生かされてのサヨナラ負けって感じかな。


今日は長谷部君を時間を掛けてじっくり攻略したかったのに、同点で迎えた3回表1アウト2塁3塁の場面で早々に降板。
いくらなんでも早過ぎる降板だろうと楽天ベンチの脳ミソを疑いもしたけど・・・それ相応の理由があるんでしょうという事で納得。
代わった佐竹君からスレッジが会心のタイムリーで2点を勝ち越し!
今日もスレッジはウハウハだじぇ〜・・・と喜んだものの、昨日一昨日と大爆発した打線も今日はここでおじゃんで御座います。


一方今日の先発の八木ちゃんは・・・素人見ながらも球威が無かったのと細かい制球が無かった様に見えまして、1点リードで迎えた5回裏途中で見限られ感じで菊地君に後を託す事になりましたが、今日は結果的にアウトになったとはいえ結構良い当たりをされた打球も沢山あったし、正直よく5回裏途中まで保ったもんだと思いましたよ。
次回は札幌ドームでの登板だと思うので修正するトコは修正して最高の投球を見せて下されや(・ω・)/


で、後を託された菊地君でしたが・・・連打されてあっさり同点。
まあ勝ち投手の白星を消した訳でもなく振り出しに戻った事自体は大した問題でも無いかと。
今年は菊地君の起用場面を建ヤマンのトコでという考え方もありますが、とりあえず今年は実質1年目みたいなもんだし、相手の好機をズバッとブッタ切るのが一番の仕事だと思うので、投入するイニングに拘る必要は無いんじゃないかと思いまする。
その意味じゃ今日は失敗だった訳だけどね。
・・・まあ誰だってたまには打たれる訳だから騒がない騒がない。

6回裏は江尻君が微妙にバタバタしながらも無失点投球、7回裏には林君が1アウト2塁3塁という決定的なピンチを迎えるも草野君の外野フライを糸井君がストライク返球してタッチアップの山崎さんが本塁憤死となり事なきを得た。

傾向として7回裏の大ピンチを凌いだんだから8回表に得点チャンスが訪れるもんなんだけど・・・今日は中盤以降から楽天中継ぎ陣がこれでもかと踏ん張るからどうしても得点出来ず。

そうこうしてる間に8回裏途中から登板の建ヤマンが9回裏2アウトからセギノールに四球を与えあれよあれよと満塁のピンチを迎えて代打の中村君にサヨナラ安打を打たれておじゃんで御座います。

建ヤマンは先日お子さんが誕生したんで頑張って抑えて欲しかったけど・・・まあ仕方がないやね。

糸井君は中村君の打球に最終的には追いついていただけにチョイと悔やまれますなぁ。
9回裏2アウト満塁で2塁ランナーは関係無かったから定位置で守ってれば打球処理も容易だった様な。
とっさに素手の右手で取りに行ったけど怪我しなかったかい?


まあ今日は序盤に勝ち越したものの終始楽天ペースだった感じがしたから厳しかったかも。
同一カード3連勝は逃したけど敵地で勝ち越したんで御の字ですけどねぇ。

一方ソフバは西武に3連勝を飾り3.5ゲーム差とじんわり接近。
西武は裏のローテで初戦の岸君の登板試合で勝てなかった時点で厳しさ満載だった訳だけど・・・もうチョット頑張って欲しかった。
これで西武が火曜日から西武ドームでの3連戦で息を吹き返したら怒るよ!


で、火曜日からの西武3連戦はまたもこちらは谷間のローテで1戦目と2戦目は誰が投げるのかな?
とりあえず涌井君と我慢比べして西武中継ぎ陣を引きずり出す展開に出来たら儲けモン程度の気持ちで火曜日は臨みますか!

とにかく敵地なんで最低でも1勝はノルマで(・ω・)/

2009年09月05日

3回表に一挙6得点で逆転し武田勝が楽天打線を3失点に抑える完投勝利でカード勝ち越し

一打席だけでスクイズを“三度目の正直”で決めたの初めて見た!


日ハム10-3楽天


1回裏に2点を先制されて2回までの青山君の投球内容を見ると今日は少し厳しいかと思ったけど、3回表1アウトからマコちんが死球で出塁すると賢介の3塁打で1点返し、稲葉隊長の一ゴロでセギノールが失策を犯し同点に追い付き、シンちゃんのタイムリーで1点を勝ち越し、トドメはスレッジの3ランHRでこの回一挙6得点のビックイニング!
不安な立ち上がりを見せたタケマサが修正して2回裏から内野ゴローショーを展開すると、打線もスクイズ・タイムリー・HRで着実に追加点を挙げて楽天に付け入る隙を与えずに快勝。


タケマサがいきなり山崎さんに先制2ランHRを打たれた時は「なしてそんなトコに投げるんですかい!」と少し今日の内容に不安を感じたんですけどね、2回表から安定感を取り戻し3回表に味方打線が爆発して逆転して貰ってからは「黙って見てろ!」と言わんばかりの好投に脱帽です。
9回裏にソロHRを打たれたものの9回3失点の完投勝利で中継ぎ陣を休ませてくれた投球内容は文句無しですね。
最近は勝ち負け関係無しで一試合3失点は今日も継承された感じだけど、今日は打線の大量援護で気持ちに余裕も持てたと思うし、その打撃陣にしっかり応えて最高の投球で報いた内容の良さが光りますわ。
今年こそは二桁勝利を飾って欲しいという意味も込めて今季7勝目オメ(^-^)/


打線の皆さんは昨日に続き今日も楽天のミスに付け込んで大漁大漁!
青山君は立ち上がりからホントに良い感じだったけどマコちんに無駄な死球を与えてしまってから下り坂を転がり落ちた感じですかねぇ。
賢介の3塁打・・・昨日からレフト線への深いトコは鬼門なんですかね?
稲葉隊長の内野ゴロは打った時点で同点は確定だったんでセギノールの失策でチャンス継続は嬉しい限り。
シンちゃんの勝ち越しタイムリーは糸井君顔負けの強烈な打球だったし、今のスレッジはアウトコース待ちでインコースに来ても甘い球なら仕留める怖さが出てきた感じ。

3回表のビックイニングは青山君が与えた死球というミスをフォロー出来ずセギノールの失策が火に油を注いだ結果の大量点だったかな。
一生懸命プレイしてもどうしてもミスが出るのは仕方がない訳で、そのミスが出た時に如何に連鎖しない様に周りがフォロー出来るかが大事なんでしょうね。

そういった意味でウチは5回表に小谷野君の送りバント失敗のミスを鶴ちゃんの“三度目の正直スクイズ”でフォロー出来たんではないかと!

5回表1アウト満塁で打席に鶴ちゃん、初球からスクイズ慣行もボール球だったんでファールになって命拾い、2球目にまさかの連続スクイズ慣行も転がらず万事休すかと思いきやファールになって命拾い、もう無いだろうと思ったカウント2-2から三度目のスクイズ慣行で見事に成功!
的確な状況判断で絶妙なタイミングでスクイズのサインを出したベンチとしっかり決めた鶴ちゃんの勝利デス。

これまで一打席で“三度目の正直スクイズ”なんて見た事が無かったんで貴重でしたし、試合の流れ的にも楽天の反撃する気概を削ぐ為にも貴重な1点だったかと。

その後も6回表にシンちゃんと小谷野君のタイムリー、8回表には稲葉隊長のソロHRで駄目を押しまくって3回表のビックイニングだけで攻撃が終わらなかったのが明日以降に繋がりますやね。

今日の稲葉隊長はDHで出場でしたが、最近は高めのストレート系の球を打ちに行く時は身体が開き気味で少々ムチャ振りに見えますし、やっぱり疲労が溜まってて本調子では無い感じですよねぇ。
ま、他の選手も無傷じゃない訳だし、好きで応援してるんだからこのまま一蓮托生ですよ(・ω・)/


なんやかんやと敵地で今カードの勝ち越しを2試合目で決めれたのは良い感じ。
折角なんで明日も勝って3連勝でインフルショックラッキータイムの借りをノシ付けて楽天にお返ししたい。

ソフバは西武をボコボコにして付かず離れずで2位と3位以下に大きな隔たりが出来た感じです。
でもこの先どうなるかはまだ分からないんで目先の一戦一戦を油断せず挑むのみで御座います!

2009年09月04日

我慢で迎えた7回裏に連続押し出しで勝ち越しスレッジの満塁弾でトドメを刺して楽天に快勝

快勝と言っても楽天の自滅みたいなモンだから辛勝?


日ハム9-2楽天


まあ7回表にマウンドに上がった藤原君にアクシデントが発生して楽天中継ぎ陣が急遽登板となった事によって、それまで藤井君と守備陣で我慢して我慢しまくったウチにようやく絶好のチャンスが流れ込んだ感じですやね。


7回表は先頭の大野君の2塁打もレフトが目測を誤った感じだし、マコちんの送りバントは嶋君の野選だし、賢介が死球で無死満塁だし、1アウト満塁から稲葉隊長に押し出し四球で勝ち越し、連続押し出しからスレッジは狙い打ちで満塁HRだしと、これを相手の自滅と言わないで何と言うか!
・・・まあこれはウチが再三のピンチを凌いだご褒美と言いましょうか、相手が再三のチャンスを潰したお仕置きと言いましょうかって感じですかね。


2回裏に2点を先制された直後の3回表にマコちんのソロHRと賢介とヒチョリ君の連打で追い付けたのは良かったと思うし、7回表の大量点で満足しないで8回表にシンちゃんのタイムリーで自力で貴重な追加点を挙げた事で良い流れを明日に繋いだんじゃないかと。

ヒチョリ君に復帰後初安打が出たも良かったけど、ここに来てマコちんが再び打率を上げて来ましたねぇ。
本人はあまり三割打者には拘っていないみたいだけど・・・勝手に三割を達成出来る様に応援するじぇ!


それにしても久しぶりに大乱調の有銘君に遭遇したと言いましょうか、ウチの糸数君以上に天使と悪魔の顔を持つというかジギルとハイドというか、この時期になればどんな形でも勝てれば良いので大変に助かりました。
良い時の有銘君は打ち崩すのは難しいですからねぇ。


スレッジの狙い打ち満塁弾は見事!
あれだけ荒れた投球の有銘君から狙い球を絞って完璧に打ち返す芸当は流石にプロのアスリートですよねぇ。
3回表に同点に追い付いてから6回が終わるまでは劣勢で我慢の連続により緊張の糸がギリギリまで張ってましたが、スレッジの一発で良い感じに緊張の糸がプツンと切れた感じですよ。


藤井君は立ち上がりから良かったと思うけど球審との相性が悪かったのか徐々にリズムが悪くなって先制点を許してしまった感じですかねぇ。
まあそれでも味方に同点に追い付いて貰ってから再三のピンチを迎えながらも、守備陣と一緒に踏ん張って楽天に勝ち越しを許さなかったのは評価して良いっしょ。
6回裏途中での降板はこの回打順が回ってくる高須君に今日は既に3安打されていたから仕方がなかったかな。
勝ち星はお預けになったけど先発としてここまでチームに貢献してるのは間違い無い訳だし、次回登板では早めに打線が援護して藤井君もそれに応えて勝ち星を掴み取って欲しいですわ。


二番手登板となった菊地君は6回裏2アウトから高須君に死球を与えて満塁のピンチを招き、ストレートが抜け気味で草野君のカウントが1-3になった時には失点を覚悟したけど・・・ホントに絶体絶命な場面でファールフライを打ち上げてくれて助かりましたよ。

菊地君は更に7回裏をピシャリと抑え、8回裏は林君が2アウトから連打を許すも無失点で切り抜け、9回裏は金森君が先頭打者の草野君をヒットで出したものの最後は併殺打で試合終了。
このどことなく完璧じゃなく伸びシロを残してる辺りが逆にウチの中継ぎ陣の良いトコなんじゃないかと。
あまり完璧過ぎるといきなり終わりが訪れる事がありそうだから。


まあそれにしても何処のチームも満身創痍と言いましょうか、今のパ・リーグは実力拮抗で戦国時代さながらって感じですやね。
とりあえずどんな経緯の勝利でも敵地で先勝出来た事が何より。
今回のロード9試合は4勝5敗でも御の字だと思うんで、残りの5試合を何とか最低でも2勝3敗で乗り切りたいかと!


ちなみに西武は岸君を降ろして中継ぎ陣に託してソフバにサヨナラ負けですか。
やっぱりウチとソフバが上位なのは中継ぎ陣が安定してるからなんだろうなぁ。

その中継ぎ陣に必要以上な負担を掛けさせない為にも明日はタケマサに頑張って貰わないとな!


いつの間にか2位ソフバと3位楽天は6ゲーム差に広がってますのね。

2009年09月03日

多田野が乱調で序盤から大量失点を喫し打線も成瀬から大野のソロHRのみで今カード負け越し

当然の事ながら先発投手が乱調だと勝つのは難しいッス(ρ_-)o


日ハム1-7ロッテ


今日は成瀬君をどう攻略しようか・・・と思った矢先に多田野君が立ち上がりから大乱調で序盤で試合が壊れてもうた。


多田野君は最初の西岡君に対しては良かったけど、そこから低めへの制球が制御不能となり、サブロー君の先制タイムリーまでで済ませてくれれば良かったけど、ベニーの2点タイムリーで下り坂を転げ落ち始めたといった感じで。
今のウチには序盤から中継ぎ陣を投入する余裕なんて無いんでね、2回裏にワイルドピッチで5点目を失った時点で今日の多田野君は残業決定と。
5回を投げて降板となりましたが4回以降は持ち直した感じなんで、悪い部分はすっぱり切り捨て良い部分を身体に覚えさせたまま次回登板で汚名返上してくんさい(・ω・)/

6回裏は復帰登板となった金森君がマコちんの失策もあり1アウト満塁のピンチを迎えるも雑にならず併殺打で切り抜けたのは収穫だったかと。

7回裏は復帰以降少し疲れが見えた感じの宮西君が良い感じの三者凡退で好印象を残してくれたので明日以降頼りにしたいと思いまする。

8回裏は最近打たれ気味の江尻君は・・・今日もピリッとしなかったですが何とかチームを支える中継ぎ投手として頑張ってくらはいよ。


打線の皆さんは多田野君の乱調の影響もあったのか成瀬君相手に粘り腰を見せる事が出来ませなんだ。
最後は途中出場の今波君が成瀬君相手に良い粘りを見せてくれた事は良かったんでない。

5回表に大野君の一発で1点を返し成瀬君相手にミラクル逆転再び!なんて期待もしたけど、あんな勝ち方が年に何度も出来る訳も無いんでキッチリ成瀬君に最後まで抑えられてしまいましたよと。

7回表には今日から復帰したヒチョリ君が糸井君の代打で登場も残念ながら空振り三振。
しかしながら思った以上に早く復帰してくれたんでシーズン最終盤に向けて調子を上げてチームに貢献して欲しいざんす(・ω・)/

ミラクル逆転の可能性はあったものの今日は股関節に爆弾を抱えるマコちんと、実は結構疲労蓄積の稲葉隊長の途中での交代はチームの状況と位置を考えれば妥当な判断かと。


今日はソフバが勝った為に4.5ゲーム差に縮まってしまいましたが、お互い“裏のローテ”ながらもあちらは本拠地で勝ち越し、こちらは敵地で負け越したという事はある程度想定の範囲内だったかと。

残念ながらカード勝ち越しは逃してしまいましたが気持ちを切り替えて明日からの楽天戦に臨みたい!
ウチはダルが未だ復帰未定ながらも一応“表のローテ”、一方の楽天は一応“裏のローテ”なんで敵地ながらも何とか勝ち越しを狙いたいかと。
前回はインフルショック直前に楽天のCS初進出の援護に西武に3連勝したものの楽天からはお中元が貰えなかったから、今度は西武のCS進出の為に一肌脱ぐ事にしましょか!

明日からは楽天のCSマジック点灯を意地で阻止した西武とソフバの対戦も見モノですな!

2009年09月02日

小林宏から序盤に奪ったリードをスウィーニー-建山-武田久で守り抜き連敗ストップ

今日はスウィーニーも自画自賛でしょ(・ω・)/


日ハム3-1ロッテ


今日はコバヒロから早い内に3点目を奪えたのが結果的に大きかったと思うし、久しぶりの先発となったスウィーニーの文句無しの好投が試合の流れを相手に渡さなかった感じ。
8回裏に建ヤマンが1失点、9回裏にタケヒサが一発サヨナラのピンチを招いた終盤のロッテの追い上げは、点が取れる時に取れなかった反動というか必然というか。
そんな下り坂の試合を踏ん張ってモノに出来たのは今後に向けても大きかったかと。


久しぶりの先発となったスウィーニーはホントに良かったですねぇ。
ピンチらしいピンチは5回裏1アウト3塁の場面だったけど、こちらが1点どうぞの守備体形だったのに遊ゴロで余裕の本塁憤死で切り抜けれるとは予想外の事でしたねぇ。
スウィーニーは何が良かったって言ったら・・・制球が良い、直球のキレが良い、腕の振りが良い、テンポが良い、結局全部良かったって事ですかね。
そして大野君のリードも良かったんでしょう!
今日みたいな投球が今年は二回に一回くらい出来てればつまらない雑音も少ないんだろうけど・・・まあそんな雑音を更に小さくする為にも次回登板が大事やね!
何はともあれ今季4勝目オメ(^-^)/


先週ソフバに力投勝ちしたコバヒロをヨイショした身としてはアレだけど、やっぱりコバヒロはここ数年日ハムとの相性が悪いのか苦手意識を持っているのか、今日は最高の立ち上がりを見せたのに2回表と3回表に合わせて3点を失い終わってみれば負け投手。
今日だって全体的に悪くはなかったと思うんだけどねぇ。

1回表を6球で片付けられた時には今日のコバヒロは攻略が難しいと思ったけど、2回表に2アウト満塁からマコちんのタイムリーで2点を先制してしまうんですねぇ。
1アウト満塁から大野君を空振り三振に仕留めた球をマコちんにも投げられてたら三振だったかなと思いつつ、少し甘くなったらマコちんは打ちますよと。

3回表の小谷野君のタイムリーは技有りなんでコバヒロへのダメージは大きかったかと。
4回からコバヒロは立ち直った感じでチャンスもなかなか作れなかったから小谷野君のタイムリーは今日の試合に於いて相当価値があったかと。

やはり如何に早く3点リードするかで試合の優位性を決めるんじゃないかと思います。


8回表1アウト満塁から坪井君が代打で登場も遊ゴロに倒れ、続くマコちんも凡退し追加点を奪えなかったのは試合の流れ的に痛かった。
坪井君は昨日もチャンスに凡退しただけに雑音も大きいかも知れないけど、打てる時は打てるし打てない時は打てないってだけの事なんで必要以上に目くじらを立てなくてもねぇ。
今日は積極的に初球を叩きに行ったら裏目ったってだけの事ッスよ。

それはさておきこの回注目したのは無死1塁2塁での小谷野君の送りバント。
ソフバ戦での出来事で必要以上に気になってしまったけど・・・まあ当然ながら普通に処理されて何事も起こりませんでしたな。

送りバントで“打者に捕手が突撃したら守備妨害”は当然認知される訳がありませんて。


8回裏は建ヤマンが1点を失ったけど“チャンスの後にピンチ有り”で点差的な優位性を考えれば問題無いかと。

守備といえば今日は序盤に珍しく稲葉隊長がイージーフライをポロしましたなぁ。

9回裏はタケヒサが2アウトからランナーを出して一発逆転サヨナラのピンチを迎えたけども、最後はタケヒサを掠めた里崎君の打球がマコちんの前に転がり、ワンバウンド送球を稲田君が見事に捌いて里君のヘッドスライディングも及ばずのギリギリの終幕となりましたなぁ。

思えばスウィーニーも西岡君の打球が掠めてマコちんの前に転がりピンチを切り抜けてたもんなぁ。

今日は思った以上にツキもあったね。

建ヤマンもタケヒサもさすがに疲れが表面化してきた感じだけど、ここからが踏ん張り所なんで頑張って欲しいッスわ。


そいや中田翔が親子ゲームとなった今日の二軍の試合でイースタンリーグの本塁打記録を塗り替えたそうで嬉しい限りです。
早く一軍のエース級からスタンドに叩き込む姿が見たいんでより一層の精進を期待するぜよ。


今日はソフバも勝ったんでゲーム差は変わらずですが、何とかロッテを振り切り連敗を止める事が出来たんでヨシでしょ。
不気味な好調楽天も西武の意地の前に逆転負けしましたしね。


その楽天戦に良い形で臨みたいんで明日も粘りと我慢でカード勝ち越しを狙いたい!
頼むで成瀬キラー!

2009年09月01日

沖縄出身の先発対決は前半失点を重ねた糸数を打線がフォロー出来ず大嶺の勝利

対戦成績ほどにロッテに勝つのは簡単じゃないって事。


日ハム2-9ロッテ


糸数君にはチームの連敗を6で止めた前回の様な投球を期待したんだけど、今日は悪魔が囁いたみたいで前半で試合を壊してしまった感じやねぇ。
逆転して貰った直後に再逆転を許した井口君の2ランHRを以て立ち直ってくれれば良かったけど、4回裏に三者連続四球の末に橋本君にタイムリー打たれてしまっては雰囲気的にも流れ的にも最悪だったかと。

ま、糸数君の潜在能力の高さは今年の交流戦での中日戦で実証されてるし、良い時と悪い時と両極端なのも納得して応援してるんで問題無しです。
是が非でもローテに食い込んできて欲しい投手なんでとにかく課題はムラッ気の解消や!


打線の方は2回表2アウトから小谷野君の3塁打を皮切りに糸井君のタイムリー→鶴ちゃんの四球→マコちんのタイムリーで見事な逆転劇!
・・・ここまでは良かったんだけど、尻上がりに調子を崩した糸数君の投球が影響したのか、3回以降粘りの投球を続ける大嶺君からあと一打が出ずに追加点ならず。

たまたまとはいえ今日はチャンスに二度凡退となった坪井君がブレーキとなってしまった感じ。
ま、稲葉隊長もシンちゃんもスレッジも抑えられたんだから坪井君一人を責めるなんて事は出来ないけどねぇ。


今日は二番手の榊原君も2イニング目に3失点、林君は良い感じだったけど最後の江尻君も失点こそしなかったものの塁を賑わせ万全とは言えなかったですねぇ。
何か鶴ちゃんちゃんと途中からマスクを被った大野君も消極的なリードに見えたし・・・今日は勝ちを奪い取る雰囲気はチョイと感じられなかったかな。

ま、年間50敗以上は負ける訳だからこんな日も年に何度かあるのは当たり前って事で。


試合中はソフバがオリックスに極めて劣勢だったから今日は無理しないでベテラン勢を途中から退かせて休養させた感じですね。
また特定人種が「梨田が諦めた」とか現状無視で喚き散らしてんだろうなぁ・・・ご苦労様デス。

あ、梨田監督の続投はこの2年のチームの成績を考えれば当然大歓迎です!


そのベテラン勢の交代によって今季初登場となった今波君がプロ初安打!
あの「打つぞ!打つぞ!」ってバッティングフォームが良いッスね。

同じく途中出場となった中田翔は三振とポテンヒットでしたが・・・相変わらずスイングは素晴らしいの一言ながらも、とりあえずボール球に手を出してカウントを不利にしない様に精進して貰いたい。
あと、エンドランで走るのは良いけど打球の行方も確認しましょや。


ロッテはきっとこれから上位イジメに精を出すのかと思うと怖い怖い。
もうこれまでみたいにお得意様では無いだろうけど、残りの直接対決は何とか五分に行きたい。


ソフバが見事にお付き合いしてくれたので今日の敗戦はさほど痛くはないかと。
ただ、涌井君から逆転サヨナラ勝ちした楽天の好調さが不気味ですねぇ。
ホントにソフバは下を気にする段階に突入したかも。


明日は頑張って連敗を止めましょ!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。