2006年09月25日

2006高校生ドラフトの結果と・・・

今ドラフトで注目選手の1人であった駒大苫小牧の田中将大投手は、横浜・楽天・オリックス・日本ハムの四球団が一巡目指名で競合した為、抽選の結果楽天が見事に引き当て交渉権を獲得しました

そして昨日の試合後、マスコミの前での監督批判で大半のファイターズファンを失望させた金村投手に球団からの処分が下りました

北海道日本ハムファイターズの高校生ドラフトでの交渉権獲得選手

1順目 吉川光夫選手       広陵高校(広島)  投手
2順目 (ロッテが逆指名権を放棄した為交渉権はロッテで確定)
3順目 植村祐介選手       北照高校(北海道) 投手
4順目 ダース・ローマシュ匡選手 関西高校(岡山)  投手

しょーじき!、正直に言えば田中君の地元球団獲得成らずは非常に残念☆−(>。☆)
もうガンちゃんの残した背番号18を背負う姿を勝手にずうっと妄想してましたから( ̄▽ ̄)ゞ
ヒルマン監督のクジ運が無かったいうよりは、最近絶好調の楽天の勢いがドラフトでも発揮された感じですね
ノムさんの嬉しそうな顔が印象的でした〜
元々田中君は何処でも良かったみたいですし、楽天が交渉権を獲得した直後も「楽天の歴史を作りたい」との意気込みを発表してますからね、球界全体を考えても現状数字の上で最弱の楽天のチーム力底上には一番良いトコが獲得したと思います
来年からは敵対関係となりますが対ファイターズ戦以外では当然応援しますヨ(*^-^*)
岩隈・一場・田中の先発三本柱が固定され、実はかなり強力な楽天打線の事も考えると、来年の楽天はプレーオフ争い間違いなしかも知れませんね

さて1巡目指名で田中君との交渉権獲得成らずのファイターズは、ハズレ1巡目指名で広島・広陵高校の吉川投手との交渉権を獲得
正直全く知らない選手なんで何とも言えないですが、プロフィールで確認すると140キロ中盤のストレートとカーブ・スライダーのコンビネーションが持ち味の本格左腕とのこと
現在左の先発は八木ちゃんしかいないので、ファイターズに入団してくれたら貴重な戦力になりそうですね

そして2順目飛ばして3順目指名で地元北海道・北照高校の植村投手との交渉権を獲得
やはり地元贔屓という事もあって個人的にはハズレ1順目指名は植村君では?と思っていたんですがね、3順目指名でハム首脳陣は見事に選んでくれましたヨ
今年の夏の甲子園・南北海道大会準決勝で駒大苫小牧3-0北照で惜敗となりましたが、田中君との投げ合いを見て一目惚れしました
甲子園を賑わした有名選手にも引けは取らないと思いますヨ
本人もファイターズへの入団意欲はバリバリですからね、地元選手という事もあって俄然応援しちゃいますネ
田中君と植村君の投げ合いがプロの世界でも見れるかと思うとワクワクです

4順目指名で岡山・関西高校のダース・ローマシュ匡投手との交渉権を獲得
名前と境遇がウチのダル君と似ている為以前から気になっていましたが、まさかドラフト指名に動くとは思わなかったデス
今年は夏の甲子園で9回裏に逆転サヨナラ負けをしてマウンドで泣き崩れた姿が印象でしたね
投球スタイルは肘を使わないので制球に問題がありますが、豪快な投球フォームで140キロ後半のストレートを投げる姿は圧巻ですね
インド人の父を持つダース君とイラン人の父を持つダル君は境遇も似てますからね、年代の近いダル君が先輩として在籍している事はファイターズ入団の決め手としては良い条件かと

兎にも角にも去年の様なゴタゴタも無く順調に入団交渉が進む事を願ってますm(_ _)m



さてさて昨日試合後にヒルマン監督に対してマスコミの前で公然と批判した金村投手
昨日の今日で自身のブログで謝罪のコメントが掲載されましたが、その後球団主脳との話し合いでプレーオフの出場禁止処分が下された事も掲載されました
それと罰金200万円ですね
一応処分も決まって個人的には今日をもってこれ以上この事に関してあーだこーだと言うの止めようと思いますが、もし今回の騒動が原因でチームの結束力が壊れてプレーオフホーム開催すら叶わなかったら、さすがに責任の矛先を金村選手に向けるかも知れません

それにしても本人も言ってますが球団の処分は寛大でしたね
プロ野球選手として、大人として公然と言ってはいけない暴言を吐きながらこの程度の処分で済んでいるのは、やはりこれまで球団の投手陣を支えてきた実績を考え、近年怪我に泣かされ為に本来の力を発揮出来なかった事への同情もあるのかも知れませんね
今回の暴言も感情が昂ぶっている時にマスコミの誘導的質問に爆発したとも考えられますし
詳細は推測するしかありませんね

にしても今回の暴言による波紋は謝罪してもそう簡単に許してもらえる程甘いモノではないでしょう
勘繰ればブログでの謝罪は本人じゃなくても掲載出来ると考えられるし
もしかしたら今日の「Fの炎」で本人からの謝罪があるかも知れませんね

元々金村選手の投球フォームが好きではなかったので批判的でしたが、去年は右肘痛を我慢しながら一年を通して投げ抜いた姿に感動すらしました
それだけに今回の暴言は非常に残念で悲しかったです
今年は中継ぎ陣が想像以上に好成績を残し、先発陣も実力のある若手が台頭した為、金村選手が例年通りの内容ではファンが我慢出来なくなったのを金村選手本人も感じ取り、ぶつけどころの無いフラストレーションが今回の様な形となって現れたのかも知れませんね

金村選手のブログには「全てを真摯に受け止めて信頼を取り戻す為精進する」と記載されてますが、この先本当に信頼を回復するには相当厳しい茨の道を歩まなければならないと思います
この点に関しては素直に頑張って貰いたいです
posted by k2c at 23:09| Comment(2) | TrackBack(3) | 野球ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
金村投手の発言を知ったときは本当にビックリしました。でも信頼を回復するためには本当に相当厳しい道を歩まなければいけないでしょうねぇ。
チームに影響が出なければ良いんですけどね。
Posted by momo at 2006年09月25日 23:56
momoさん>
ヒルマン監督も謝罪に対して金村選手自身の勝利に対するこだわりも理解して寛容に受け止めた感じですから、こちらとしてもあの発言で失った信用と信頼を懸命に取り戻そうとする姿を見守るしかないですね

選手は頭を切り替えていると思うので、ドームで応援するファンも頭を切り替えて金村選手に対して余計なアピール等はしないで普通に応援して欲しいですね
普段通りの応援がプレーオフホーム開催に繋がると思います
自分は27日の最終戦観戦で明日はFバンド装着で自宅応援です
Posted by k2c at 2006年09月26日 00:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

の日記9月25日「田中君は楽天に獲られても植村君は獲ったどー!/金村さんのこと」
Excerpt: 今日のプロ野球の高校生ドラフト、ファイターズは駒苫・田中君、北照・植村君を穫れたのか!?/ファイターズの金村投手の一連の件で個人的な意見を・・・
Weblog: の日記〜野々村岳明の日記とかコラムとか〜
Tracked: 2006-09-26 02:56

ヒルマンのクジ運
Excerpt: やってきました2006高校生ドラフト会議 田中(駒大苫小牧)を1巡選択したのは横浜・楽天・オリックス・日ハム さてヒルマンのクジ運は?各球団誰も喜ばないのでどうした?と思ったら ああ〜楽天が交渉権引き..
Weblog: 日ハムで高血圧
Tracked: 2006-09-26 09:49

駒苫・田中は楽天に行くべきか?
Excerpt: 事前には「12球団どこへでも」 と言っていたので、結局は入団するんだろうけど・・・ まさか今になって 「え〜っと、12球団とはセ・パ11球団とヤンキースです、てへっ!」 なんて言う訳にいかない..
Weblog: しっとう?岩田亜矢那
Tracked: 2006-09-27 13:35
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。