2009年09月30日

糸数が7回表2死まで無安打投球の好投を見せると打線が小技で奪ったリードを武田久が死守して2連勝

3回から4イニング連続併殺打をやらかしたのに勝てて良かったヨ。


日ハム3-2オリックス


4併殺といってもスレッジとシンちゃんの併殺打は良い打球が野手正面に飛ぶ不運なモノだったから致し方ない。
シンちゃんの遊直併殺打はヒチョリ君の帰塁の方が早く見えましたがね。
糸井君の併殺打は典型的、鶴ちゃんの送りバント失敗併殺打は・・・今日一番の反省点って事で。

まあ内容はさておき4併殺をやらかして勝てたのは糸数君の好投が大きいかと。


これまで勝ち負けを繰り返してた糸数君。
これまで好投した時の内容を考えたら今日の好投は別にサプライズでも何でもない訳ですが、さすがに7回表2アウトまで無安打投球をされてはチョイと大記録を期待しちゃいました。
ま、結果的に7回表2アウトから連打で1点を失いこの回を投げ終えてお役御免となりましたが、5回表2アウトから阿部君に四球を与えた辺りから少し球のキレが落ちた様にも見えたから、交代のタイミングとしてはベストだったかと思いますね。

お立ち台での喋りの独特な硬さが無くなってきたのは逆に少し寂しかったり。
来年以降は確実にローテ入りして欲しい逸材ですな。


打線の皆さんは昨日とは打って変わって今日は得点圏にランナーを置いてタイムリーで返す事三度。
3回裏のシンちゃんの先制タイムリーも5回裏のヒチョリ君のタイムリーも非常に良い流れだったけど、1点返された直後の7回裏の稲葉隊長のタイムリーが結果的に非常に価値が高かった!

稲葉隊長は昨日に続いての詰まり気味の打球だったけど試合状況が状況だっただけに1塁ベース上で非常に満足そうな顔で喜んでいたのが見ていて嬉しかった。

今日のオリックス先発近藤君はかなり制球がアバウトだったからスレッジとシンちゃんの併殺打の打球が野手正面に飛ばなければ早期攻略も可能だったかも。

やっぱり昨日点取り過ぎたか?


稲葉隊長の貴重なタイムリーで再び2点リードで迎えた8回表は菊地君が登板するも何とか1失点で凌いだって印象。
どうも最近は1安打1四球はノルマになっちゃってる感じねぇ。
下半身に疲労が溜まってるのか制球が安定しないのが気になるトコ・・・ですが、今はそんな事を気にしても仕方がないので頑張って乗り切ってくれ!

1点差で迎えた9回表はタケヒサにお任せ!・・・と思ったらいきなり連打で無死1塁3塁の大ピンチを招いてもうた!
さすがに糸数君の4勝目は消し飛ぶ覚悟をしたけど負ける気はしなく、マコちんの好守備で3塁ランナーを本塁でアウトにすると後は一人ずつ片付けて試合終了。

タケヒサはソフバ戦での激闘の影響があったのか立ち上がりはチョイと球が高かったッスね。
守護神は絶対無敵の魔神じゃないとダメって人には胃の痛い思いだろうけど、“努力の人・武田久”が好きな自分としては応援する目的みたいなモンだから今日みたいな展開でも非常に楽しいッス。
選手同様に逆境も楽しまないとな。

昨日みたいな大勝もたまには必要だけど今日みたいな接戦を制すると自信が付くんで良いんじゃない。


久しぶりの連勝となったけどソフバ3連戦戦から3勝1敗1分け・・・1分けに1勝の価値があったから実質4勝1敗か。
なんかメチャクチャ強い印象は無いけどCSに向けてチーム状態が良い雰囲気に戻って来た様な。

今日は楽天がソフバに勝ったから・・・優勝マジック“4”

ソフバは残り試合数から優勝どころか2位キープも相当苦しいだろうけど、西武がロッテに負けた為にCS出場が確定したんで少しは気が楽になれたかな?


明日も余所の試合は余り気にせず目の前の試合に全力ワッショイ!

2009年09月29日

5本のHRを含む大技小技で大量12点を奪いオリックスに大勝し西武がロッテに敗れた為にCS進出が決定

ここしばらくの鬱憤を晴らす大勝で気分はウハウハです!


日ハム12-3オリックス


先ずはようやくのCS進出決定に一応喜んでおきますか!

ここしばらく楽天のCSマジック点灯ばかりが話題で日ハムとソフバのCS進出の行方がさっぱり分からなかったから、いつになったら決まるのかヤキモキしてたら・・・いきなり決まった感じ。
最優先の大目標はリーグ優勝だけど・・・やっぱり嬉しいッス。

ソフバが延長戦の激闘の末に楽天を破ったので・・・優勝マジック“5”


今日のスウィーニーは3回までは球が高く鶴ちゃんがボール球を要求してもストライクを投げるという今日も早い継投を思わせる内容だったけど、立ち上がりの1アウト3塁のピンチを無失点に抑えて4回裏の味方打線の大量援護で余裕が出て7回を投げて3失点とある意味安定した内容を残してくれたかと。
まあ終始僅差の展開だと今日の序盤の状態からの回復は難しかっただろうけどねぇ。
3回表に1点を失い7回表にも2点を失ったけど今日は途中から投球内容を立て直せた事は良かったんじゃないかと。

8回表から登板の林君は内野安打と暴投があったけど最近の中では一番腕が振れてた感じで好印象。

9回表を三者凡退で締めた金森君はやはり先日の西武戦での自作自演の無死満塁を無失点で凌いでから乗ってる感じですねぇ。
“ミスター結果オーライ”襲名は・・・無いか。


打線の皆さんは久しぶりに気持ち良くバットを振れたのでは?

1回裏にシンちゃんの2ランHRとスレッジのソロHRの連発で3点を先制し、1点返されて迎えた4回裏に糸井君のソロHRを皮切りに賢介のタイムリー→シンちゃんの併殺崩れ→小谷野君の2点タイムリーで一挙に5得点で試合の主導権をグッと引き寄せ、6回裏にはスレッジの2ランHRと糸井君の2ランHRで勝敗の行方はほぼ決したかと。

今日は稲葉隊長と小谷野君もスタメン出場したんで久しぶりのベストメンバーでしたね。
稲葉隊長は詰まり気味ながらも久しぶりにヒットが出たし、小谷野君も好守備に加え良い感じのタイムリーも飛び出したし、スレッジは最近の好調維持をきっちり証明してくれて、糸井君も良い感じで打球にスピンを与えるバッティングを取り戻した感じです。

HRでの得点も省エネという意味で大事だと痛感した今季だけど、やっぱり大技小技で得点した4回裏の攻撃が印象的ですね。


今日のオリックス投手陣は日ハム打撃陣が復調するには非常に適した内容だったかと。
今月は湿り気たっぷりの打線だったけど、一回火が着いて乾けば身体が好調時を思い出したでしょ。
まあ・・・7回以降はオリックスの高卒ルーキー西君からヒチョリ君が四球を選ぶもほぼ完璧に押さえられたけどね。

それにしても西君のグラブ・・・末広がりでデカ過ぎない?


オリックスは大石監督と契約更新しないで来季は前阪神監督の岡田氏が就任濃厚だそうですねぇ。
個人的には昨年コリンズ監督が投げ出したチームを引き継いで2位に躍進した手腕も含めて好印象なだけに非常に残念。
近鉄繋がりで梨田監督を頼って来季から日ハム来ない?


楽天vsソフバの4連戦の行方も気になりますが、先ずは目先のオリックスに勝つ事だけを考えて行きまっしょい!

2009年09月27日

中田翔がプロ初打点を挙げるもオーティズ一人に翻弄されると大隣→馬原の継投で逃げられ連勝ならず

オーティズ一人に負けたといっても過言はないか。


日ハム2-4ソフトバンク


タケマサが4回裏にオーティズの2ランHRで先制され、6回裏には2塁打で出塁したオーティズに三盗を許したと同点に牽制悪送球で呆気なく追加点を献上。
7回表に中田翔のプロ初打点となる犠牲フライで1点を返すも、8回裏に弥太郎が小久保さんにタイムリーを打たれ追加点を奪われると、9回表に馬原君から代打の稲葉隊長の内野ゴロの間に1点を返すも最後は代打の坪井君が凡退して試合終了。


タケマサは左打者に逆方向へのヒットを数本許したものの全体的には悪い感じじゃなかっただけにオーティズへの対処だけが上手く行かなかった感じですかね。
オーティズに打たれた先制2ランHRは完全な失投に見えたし、失点に繋がった悪送球は予想外のオーティズのディレード気味の三盗だったとはいえ対処に少し慌て過ぎた感じですね。
味方打線に活気があれば今日の内容でも十分なんだろうけど、現状だとバッテリーでもう少し細心の注意が必要だったかもデス。
タケマサの二桁勝利は残り試合数を考えたら黄色信号になったけど、それでも二桁勝利を目指す意気込みで残り試合を頑張ってチームに貢献して下されや。


8回裏に弥太郎が与えた追加点が無かったら今日も終盤何かが起こった・・・かな?
まあ今日の弥太郎は厄落としという事で。


打線は中田翔の犠牲フライと稲葉隊長の内野ゴロの間の2得点だけでは勝つのは厳しいわな。

立ち上がりの大隣君は相当不安定で、1回表にいきなり賢介に四球を与え、ヒチョリ君の送りバント処理を田上君が人工芝に躓き1塁送球が逸れて無死1塁2塁のチャンスを貰いながら、糸井君が送りバント出来なかった末に見逃し三振、シンちゃんが遊ゴロ併殺打に倒れて得点出来なかったのが最後まで響いた感じ。

徐々に球威が増してきた大隣君からの初安打が5回表のマコちんが放ったマウンド横へのポテン内野安打ってのが何だかな。

7回表に犠牲フライでプロ初打点を挙げた中田翔ですが、むしろ9回表のヒットの方が好印象。
基本的に打席でバットをニギニギしてタイミングを取ってる感じで見た目で構え遅れの感があるんだけど、最終打席ではファールで粘って徐々に構え遅れしなくなった感じで凄く良い雰囲気になった様に見えました。
来年は多分開幕から一軍だろうから今日の最終打席みたいな感じだったら大いに期待出来そうです。

稲葉隊長は9回表に代打で登場となりましたがやはり調子は良くないみたい。
西武戦での死球が影響してるならコンチクショーな感じです。

ま、今は出れる選手で頑張るだけですから心配し過ぎても仕方がない。


西武に3連敗した時はソフバにも3連敗して0.5ゲーム差に詰め寄られるかと思ってたけど、終わってみればチーム状態が良くない中でも1勝1敗1分けで3.5ゲーム差をキープ出来たので上々の結果かと。
今日の試合結果は火曜日から試練の楽天4連戦を迎えるソフバへの手向けの花という事で負け惜しみとさせて頂きます。

残り10試合で9試合が札幌ドームで戦えるのは間違い無く有利。
でも先ずは火曜日からのオリックス3連戦をどうにかこうにか最低でも2勝1敗で勝ち越して欲しいですね。

9回表2アウトから摂津を攻略して同点とすると延長12回表にスレッジの値千金弾で勝ち越して連敗ストップ

この時期に二日連続で延長12回の激闘とは・・・お疲れ様過ぎデス。


日ハム5-4ソフトバンク


こちらとしては8回裏の1失点が致命的かと思われたけど、摂津君の9回表続投がソフバとしては結果的に裏目った感じですかね。
正直今日は負けても摂津君を昨日に続いて浪費させただけでも十分な成果だったと思っていたけど・・・粘り腰が戻って来た感じやん。

9回表2アウトから代打坪井君の2塁打とマコちんのヒットで2アウト1塁3塁。
賢介が四球を選ぶと同時に暴投で1点差。
代打ニックンが彼らしい右打ちタイムリーで同点。

久しぶりにウハウハしましたわ〜。

摂津君は明らかに昨日に続く連投の影響で今日はみるみるうちに球威が落ちて行った感じでしたね。
今年は間違い無く新人王を獲得すると思うけど、その逸材を二日掛かりで攻略したのは価値ありますやん。

9回表の粘り腰・・・見事でありました!

まあ賢介が四球を選んだ直前のアウトコース低め一杯の球がボールと判定された事がソフバ側には致命的だったかもね。
あーゆー微妙な判定って結構影響が大きいから死に物狂いで乗り越えないと大抵マイナス方向に傾いちゃうんだよね。
ウチとしては助かった判定だったけど今日も例に違わずって結果になりました。


八木ちゃんは初回にいきなり松田君に先頭打者HRを打たれ、同点で迎えた6回裏に2点を勝ち越され7回裏途中で降板となりましたが概ね先発投手の役目を果たしてくれて満足です。
7回裏に中途半端なタイミングで降板させられたのは残念でしたが、今日相性の悪い感じの松田君相手にストレートが抜けたのと同時に中継ぎ陣の準備が完了したという事なんでしょうかね。

昨日総力戦を展開した中継ぎ陣をあの時点で投入する梨田監督は強気ですね。
まあ総力戦とはいえ昨日ワンポイント起用の投手は余力はあるだろうから問題は無かったんでしょう。

そんな中継ぎ陣、江尻君はまずまずでしたが、1点差に迫った直後の8回裏から登板の菊地君が昨日に続いて二人の打者に四球→ヒットでピンチを招いて1アウトも取れず降板。
代わった宮西君が松中君にタイムリーを打たれてこの時点ではかなり致命的な失点をする羽目に。
まあ追い込んでから勝負を急いだ感のある鶴ちゃんのリードにも問題はあったのかも知れないけど、菊地君と宮西君・・・特に菊地君は明日こそは出番があれば汚名返上を!

そして尚も続くソフバの得点チャンスで金森君が見事な火消し!
8回裏1アウト1塁2塁から10回裏終了まで8人の打者から9個のアウトを取り完璧なリリーフを披露した金森は間違い無く今日の功労者の一人。
しかしテレビで見る限りはソフバ打線の打ち損じに助けられた感が強い印象でしたよ。

“ミスター結果オーライ”を襲名してみないかい?

危なっかしい一面はあるけどそれが金森君の長所に繋がってる内は思いっきりガンガン行って欲しいね!


打線の皆さんは杉内君相手に追い掛ける展開ながらも5回表2アウトからマコちんと賢介の連打で追いつき、2点ビハインドで迎えた8回表には2アウト3塁で杉内君から交代した摂津君の初球をシンちゃんがセンター前に弾き返して1点差とするなど、質の高い投手から良い内容で得点出来た事は良い傾向なんじゃないかと。

これで稲葉隊長の状態が良ければ9イニングで勝てた可能性は高かったかも。
9回表2アウト1塁2塁、11回表2アウト2塁3塁の絶好のチャンスでいずれも空振り三振。
最近は高めも低めもボール球に手を出してるから調子は良くないのは一目瞭然だけど・・・そんな状態でも無理矢理ヒット打ったりもするから期待値変わらずですぜ!
11回表のレフト線へのファールは惜しかったぁぁ。
明日こそは突然覚醒する事を期待しちょります!


11回裏から昨日に続いてこちらも連投となったタケヒサは2アウト1塁から田上君に昨日の川崎君同様にライト線への際どいファールを打たれて肝を冷やしましたわ。
今日こそはサヨナラ負けかと思ったけどタケヒサの今季負け無しの強運が勝った感じですかね。

そして12回表に藤岡君からスレッジの決勝弾炸裂!
今年スレッジの決勝打は何本目だべ?
助っ人外国人として今年は数字的には物足りないかも知れないけど基本的に大好きな選手なんで是非来年以降もハム戦士でいて欲しい。


連投で摂津君がエネルギー切れを露呈したので同様のタケヒサも心配したけど微塵も問題無かったですね。
まあ単純に今季の登板数の違いもあるし何より経験の差が大きいでしょ。
これだけの結果を残してるタケヒサってやっぱり凄いや!


左肩を痛めてる小谷野君は代打起用が精一杯だった感じですが、しばらくは代打要員で存在感を示すのもオツじゃないかと。
そういった意味ではニックンは今日最高の存在感を示してくれたのではないかな。

スタメン出場となった中田翔と高口君も負けじと存在感をアピールしてくれ!


二日連続での延長12回の攻防は見てるだけでも疲れますね。
明日は(もう今日だけど)デーゲームだから両チーム共にグダグダか?

何にせよ今日の勝利は連敗ストップという意味も含めて非常に大きな勝利。
引き分けでもマジックは減るとはいえ、やはり勝って減らした方がより優位に立てますからな。
逆にソフバはホントに苦しくなった感じですね。

優勝マジック“7”

明日も勝ってソフバとの対戦成績勝ち越しに逆王手といきたい!

2009年09月26日

両チームの打線が決定打を欠き延長戦の末にスコアレスドローで終わるも勝ちに等しい引き分け

延長12回裏1アウト2塁で川崎君の打球がライト線に消えた瞬間終わったと思った。


日ハム0-0ソフトバンク


今日の試合の前半部分は運転中だったのでラジオで聞いておりましたが、前回グダグダだった藤井君は問題点を修正して納得のいく投球内容を披露してくれたみたいで。

しかし好投の藤井君に対して打線が報いる事叶わず。
ソフバ先発ホールトンも良かったみたいだけど、二度シンちゃんが先頭打者として2塁打を放つも得点出来なかったのが残念無念。

チャンスを逃してる内に立場が逆転して後半はピンチの連続でしたねぇ。

藤井君が6回で降板した後の7回裏1アウト3塁の場面は暴投でピンチを招いた江尻君が長谷川君を二ゴロ、田上君を三振に仕留めて大事に至らず。
8回裏1アウト満塁の場面は林君が松中君を遊飛、弥太郎が多村君を一飛で切り抜け大事に至らず。
9回裏1アウト1塁2塁の場面は回跨ぎの弥太郎が本多君を投ゴロ併殺打で切り抜け大事に至らず。

お互いホントに厳しいやね。

日ハム打線は8回から摂津君相手にお手上げ状態。
回跨ぎの9回表2アウトから失策でランナーは出すも糸井君の会心のライナー性打球は行方に恵まれず。
延長戦に突入してからは最近打たれる事が目立つ馬原君から決定打が出ず、12回表も水田君から決定打が出ずスコアボードに0が12個綺麗に並びました。

一方ソフバ打線も延長戦に突入してからは今季負け無しのタケヒサ攻略法を見いだせず、12回裏は金森君から一打サヨナラのチャンスも最後は小久保さんが空振り三振でこちらもスコアボードに0が12個綺麗に並びました。

それにしても12回裏1アウト2塁からの川崎君の打球の行方には肝を冷やした。
結局リプレイでもファールは確認出来なかったからねぇ・・・タスカッタヨ。


お互い打線はアレだけど、中継ぎ陣全員を投入した日ハム投手陣としては久しぶりの完封だった訳だから、相手の調子云々はさておき少しは自信が回復したのでは?
ま、菊地君は打者二人にアウトを1個も取れずに今日は良い仕事が出来なかったんで、明日は与えられた仕事場で良い仕事をして名誉挽回して欲しいッスわ。

藤井君には今日と同等の投球を次回も是非!


打撃陣は先日守備で左肩を痛めた小谷野君がしばらく様子見状態。
しかし代わりにスタメン出場したニックンまでが第1打席でふくらはぎに問題発生で早々に稲田君と交代。

なんでこうも次から次へと・・・。

そんな中でシンちゃんの4安打は砂漠のオアシスでしたねぇ。
最近当たりの止まっていた糸井君も最後の打席で出たヒットが明日以降に繋がると思いたい。

チーム状況が良くなってるのかはさっぱり分からないけど、間違い無く優位な立場な訳だから開き直って頑張りましょや!


今日は先にマジック対象相手の楽天が西武に破れていたので多少は気楽に延長戦を見ていられましたね。
サヨナラ負けの可能性があったから油断は出来なかったけど、最後引き分けが決まった時点での選手の表情は勝利のそれその物。
テレビを見てて引き分けの瞬間にガッツポーズもなかなか体験出来んワナ。

優勝マジック“8”

ようやく到達した一桁マジックがこの先トントン拍子で減れば良いなと淡い期待を持ちつつ明日からも我慢と忍耐で残り試合を乗り切りまっしょい!

2009年09月23日

吉川が序盤で5点を失うと打線も西口から終盤まで稲葉の2安打のみに抑えられる完敗でホーム3連敗

今の状況で婚活イベントなんてやってる場合じゃないかも。


日ハム1-6西武


今日はドームで観戦しちょりましたが・・・気持ち的にちょっと辛かったです。


吉川君には前回の好投再びに期待はしたんですが、蓋を開ければ四球→四球→ドカンでいきなりの3失点。
オカワリ君の一発は渇いた良い音だったわ。
今日の内容は一言で言えば良い球があるだけに勿体ない・・・ですかね。
配球の兼ね合いもあるから一概に投手一人の責任では無いけど、あれだけ使えるストレートとカーブを持っているんだから、後は捕手がリードし易い制球力を何としても身に付けて欲しいもんだ!


打線の皆さんはもう何が何だか分からなくなっちゃってるのか、西口君相手に打ったヒットは7回までに稲葉隊長の2安打のみ。
「やる気あるのかぁぁ!」ってヤジが飛んでも弁解の余地が無いほどドン底です。

ホントにどうしちゃったんですかね?

そうこうしてる間に西武に追加点を奪われるし、ダルが登録抹消という傷口に塩を塗るような情報まで飛び込んで来るしと悪い方へ悪い方へと事が進んじゃって悲しくなりましたわ。

そんな中、6回裏のレフトスタンドの応援が呼び掛け応援になりましが、客観的に聞いてると選手を脅迫してる様にも解釈出来るんであまり気分の良いモノじゃなかったですね。
何とかして欲しいという気持ちは理解出来るけどそれはファンが選手に強要するべき事じゃないと思います。
選手だって今の状態は不安で一杯だと思うから、気持ちが萎縮しない様に精神的なバックアップが一番かなと思いますね。
そういった意味では終盤にどんなに劣勢でも選手を奮い立たせる様なマリサポの応援スタイルは参考になるかと。

厳しい状況の時に選手の精神的支えになるのがファンのここ一番の仕事でありたい。

でも、あの点差で稲葉隊長への二打席連続死球にはさすがにイラッとしましたデス。


今日は楽天が勝っているのでまたもマジック減らしは足踏み。
巨人はあっさり優勝決めちゃったそうね。

明後日からはヤフードームでのソフバ3連戦をまたもダル抜きで戦わなければいけなく非常に苦しい。
でも直接対決の前にソフバと3.5ゲーム差をキープ出来たのは大きかったし、楽天に肉薄されたソフバも残り試合数の少なさを考えればウチ以上に苦しいのかも。
日ハムがあと2勝して楽天があと2敗すれば相当楽になれるんでソフバ3連戦は思いっ切り開き直って頑張って欲しい!

ぶっちゃけ・・・なるようになれ!

でも西武には頑張って楽天退治をお願いしたい。

2009年09月22日

西武に先制→中押し→駄目押しを許すと得点は稲葉とスレッジのソロHRによる2点のみで今カード負け越し決定

今日も今日とて他力本願全開デス。


日ハム2-5西武


今日は出掛けてたので携帯でチラチラ確認しておりましたが、最終的には楽天とソフバの試合経過並びに結果に一喜一憂する羽目になり申した。


今日はオカワリ君の先制2ランHRに対して稲葉隊長のソロHRで即座に反撃したからどうにか試合展開が落ち着いた感じですが、我慢比べに先にスウィーニーが音を上げ西武に中押し点を許すと、終盤の堪え所を菊地君で堪えられずに駄目押し点を奪われ、最後はスレッジのソロHRで1点を返すも時既に遅し。
終わってみれば西武の掌で踊らされた様な印象が残ってしまったかなぁ。

・・・ウン、今日の負けはさっさと忘れて寝ちゃおう寝ちゃおう!そう!寝ちゃおう!


・・・オリックスが楽天を、ロッテがソフバを最後どうにかこうにか凌いで勝ってくれたのにはホントに助かったかと。
ま、別に日ハムの為にじゃなく自分達の為なんだけどね、でも今度逆の立場になったら全力で上位イジメして報いなければ!

自力で順調に減らしてマジック1になった巨人と違って全く自力では順調にマジックを減らせない日ハム。
それでも綱渡りながら未だに一度もマジック消滅する事無く他力本願の牛歩戦術でマジックを減らし続けるこの状況の“妙味”に不思議な何かも感じちゃいますねぇ。

優勝マジック“10”

週末のソフバ戦への勢い付けと9連戦勝ち越し達成とホーム3連敗阻止の為に明日は是が非でも意地を見せて勝って欲しいッス!
そして客観的には当然の如く他力本願全開です!

2009年09月21日

同点に追い付かれた5回表にG.G.佐藤の2ランHRで勝ち越しされると涌井に完投を許し2連敗

マジック対象チームが楽天に移った途端・・・減らない。


日ハム3-5西武


3回裏に稲葉隊長の走者一掃3点タイムリーで先制したものの、直後の4回表に2点を返され、5回表には栗山君のソロHRで追いつかれ、更にはGG君の2ランHRで勝ち越されると、最後まで涌井君を捕まえきれずに無念の逆転負け。

涌井君から一気に3点を取れたからウハウハしてしまったけど、結局は得点した直後を抑えて一連の流れは落ち着く訳で、そこで失点してしまった事で先制した優位性は無くなったという事なんでしょうね。


タケマサは立ち上がりから安定感もあって全体的にも悪い感じは無かったんだけどねぇ。
チョイと鶴ちゃんのリードが単調だったのか、途中から西武打線に狙い打ちされた感じは否めないかな。
栗山君のソロHRによる同点止まりだったら問題無かっただけにGG君の2ランHRは痛恨極まりない。
前の打席で変化球で空振り三振に打ち取ったから、同じ球で攻めたのは問題無いとして、その同じ球を待ってたであろうGG君に対して甘く入っては致命的だったかと。
まあ済んでしまった事は仕方がないので次回はチームに貢献出来る投球を期待しますよ。

7回表無死1塁から登板した江尻君は粘りと安定感を見せてくれた感じです。
やはり必要以上に力まなければ頼りになる投球をしてくれますなぁ。

9回表から登板した金森君は四球→盗塁→四球→死球で無死満塁と一人相撲で塁を賑わせたものの、開き直りと賢介のナイスプレイに助けられて何とか無失点で切り抜けれたかと。
今日の登板で度胸ついたんでない?


打線は稲葉隊長の一打で涌井君から3点を先制したもののその後追加点が奪えなかったのが厳しかった。
涌井君も完璧では無かったけどピンチを刈り取る才能は相変わらず見事というか、糸井君やスレッジが2塁打で出塁してもその後の打者が抑えられてしまいましたからねぇ。

4打席凡退となった賢介は投直→遊直→中直→一塁線への一ゴロと、一つ間違えれば4安打猛打賞だった訳で、打球方向にも今日は運が無かった印象です。


ま、負けた結果はがっつり受け止め、気持ちを切り替えて明日の試合に全力を注ぎませう!


それはさておき、日ハムは今月頭から9試合連続でロードとなり、後半からホームの試合が多いと喜ばせながらも今回の9連戦はウチと西武だけが二回移動。
あまつさえパ・リーグでは今日の札幌ドームの試合だけがデイゲームというこの日程・・・完全にイジメとしか思えないんですが。

ドラフト会議見学も良いけど、日程を決める現場も一度見てみたいもんだ。

2009年09月20日

ダルビッシュが乱調で今季最短の5回で降板すると同点で迎えた8回裏に宮西が3ランHRを浴びて連勝ストップ

今日は他力で優勝マジック1個減らし・・・はて?ソフバってまだマジック対象チーム?


日ハム2-7オリックス


日ハム:128試合74勝53敗1分け:残り16試合
ソフバ:132試合70勝58敗4分け:残り12試合
楽天:127試合67勝59敗1分け:残り17試合

ソフバは残り12試合を全勝しても82勝止まり、日ハムがそれを上回る83勝するには残り16試合で9勝。
勝率の関係もあるけど単純に9勝でソフバが絶対に届かないのであれば優勝マジックは“9”のはず。
しかしながら3位楽天が残り17試合を全勝すると84勝59敗1分けとなり、日ハムが85勝する為にはあと11勝必要。
という事は今日の段階でマジック対象チームは楽天に移り昨日の段階での優勝マジック“11”は今日は減ってない?
仮に今日優勝マジックが“10”になってたとして日ハムが10勝止まりだった場合、勝率も勝利数も楽天と同じになり直接対戦成績も五分となり・・・これ以上の細かいルールを知らないから何をもって上位になれるかが分からん。

ま、あまり気にせず明日からの一試合一試合に集中しませう!


今日はダルの乱調が想定の範囲を突き破った事と、打線が何とか二度同点に追いつくも追い越せなかった事で試合の流れを引き寄せられなかったかと。
同点で迎えた8回裏に宮西君と谷元君で5点を勝ち越されて勝敗が決した感じですが、3試合連続で我慢比べをすれば1試合はオリックスがモノにするって事で諦めましょや。


今日ダルは体調が良くなかったらしいです。
とはいえ5回を投げて7四球2失点での降板は大いなる誤算となりましたな。
オリックス先発の小松君も高めの球が目立って特別良いとも見えずそれ程攻略に苦労はしないかと思ったんだけど、どうにもダルの不調がそのまま打撃陣に伝染してしまった感じでしたねぇ。

投球フォームのバランスが悪い程度なら悪いなりに修正して抑える事も可能なんだろうけど、さすがに体調不良ではどうにも出来ませんでしたか。
今日に関しては無理しないで早めに降板して勝負所となる来週の登板へ控えた判断は良かったんじゃないかと。
来週のソフバ戦は頼んます!


今日の打線は4回表に小谷野君の同点タイムリー、7回表に代打稲田君の同点タイムリーによる2点止まり。
ダルの不調の影響を受けて小松君を攻略出来なかった感じもするけど、稲田君の同点タイムリーの後にトドメを刺せれば継投内容も違って勝てたかも知れませんね。
思えばボーグルソンが今日の壁だったか。

逆にオリックスは7回表から加藤君にスイッチして結果的に小松君の勝ち投手の権利を消してしまったけどね。


同点で迎えた8回裏に宮西君が2アウトから山崎君に痛恨の3ランHRを打たれてもうた。
2アウト2塁から下山君を敬遠して打たれただけに本末転倒と言えるけど、打たれたくて打たれた訳でもないし勝負の結果として受け止めるだけです。

ただ2アウト走者無しからランナーを溜めて阿部君に2点適時打を打たれた谷元君はチト反省。
春先と投球フォームが変わったのか、何だか技巧派になった感じでチョイと残念。
個人的には浮き上がる直球主体の勢いある投球が好みでやんす。


ダルの先発試合を落としたのは残念だけどカード勝ち越しは達成したのでオッケイ。
札幌ドームに戻っての明日からの西武3連戦も頑張って勝ち越したい!

2009年09月19日

同点で迎えた9回表に森本の走者一掃3点タイムリーで勝ち越し糸数がプロ入り初となる完投勝利

中継ぎ陣を休ませてくれた糸数君の完投はホントに助かりまッス(・ω・)/


日ハム4-1オリックス


糸数君は3回裏無死から3連打で1点を失い先制を許したものの、終わってみれば9回1失点でプロ入り初の完投勝利!
立ち上がりを無難にこなし3回裏に先制を許して尚も無死1塁2塁のピンチで3番北川君→4番ローズ→5番後藤君を抑えて追加点を与えなかったのが大きかったかと。
中軸が送りバントして来ないチームに対してはこういったピンチで逆手に取れるのも野球の醍醐味か。
まあ終始安定感抜群だった訳でもないけど、全体的に適度な荒れ球を有効利用出来た事で相手打者を惑わせてた感じですかね。
正直7回裏には少し疲れも見えたから完投するとは思ってなかったけど、糸数君以上にお疲れモードの中継ぎ陣を少しでも休ませる事が出来て良かったですわ。
天使バージョンでのプロ入り初完投勝利で今季3勝目オメ(^-^)/
自身の今季勝率五割は現実的には厳しいけど、今日の完投勝利は本人にとってもチームにとっても間違いなく収穫だったっしょ。
若手が伸びシロを見せてくれると本当に気持ち良い。


一方のオリックス先発平野君も見事な力投を見せて糸数君と二人で締まった試合を演出してくれたかと。
今季勝ち星は少ないけど調子は悪くないみたいだからやはり良い投手は手強い。
それだけに中盤で振り出しに戻した6回表のスレッジの同点タイムリーは価値があったやん。
7回表はお互いが攻守の見せ場で平野君が制球を乱して日ハム打線がここぞとばかりに追い込み掛けるも最後は稲葉隊長が打ち取られて平野君の粘り勝ち。

今日みたいなどっちが勝っても納得しちゃう展開だとペナントレースを忘れちゃうね。

9回表にはその平野君の力投をヒチョリ君が粉々に打ち砕きましたな。
1アウト満塁から低めのボール球を物の見事に弾き返されたらさすがの平野君もお手上げでしょう。
打ったヒチョリ君も今日はそれまで散々ストレートは知らん顔してたのに最後に仕留めるなんざ・・・策士ですねぇ。
その前の、無死1塁でのニックンの神バントと、無死1塁2塁からの鶴ちゃんの職人級バントがまた旨し!


今日はソフバが昨日の仕返しとばかりに西武の岸君を攻略して連敗をストップさせたけど、こっちもお付き合いして勝ってしまえば何の問題もナッシング!
三日ぶりのマジック1個減らしだったけどこれまでの綱渡り感は無いんで着実な“1個”ですな。

優勝マジック“11”

今日の勝利で今カード勝ち越しを決めたし、明日はダルで3連勝を決めて北海道に戻ってきて欲しいッスね!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。